きらきら咲く咲く

kira3939.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コンサートその2-樹の音コンサート芽吹き・清優館と石巻赤十字病院に於いて

a0157503_21223.jpg


5月23日
石巻市牡鹿の清優館で最初のコンサート「樹の音コンサート芽吹き」が行われました。

こちらには、ピアニスト稲垣達也さんの電子ピアノや音響機材を持ち込みました。


a0157503_21164074.jpg


「おおきな歌」を、最後にみんなで合唱しました。
清優館のみなさんからの「ありがとう」に、
私たちが励まされました。





そして
同日、午後4時からは
石巻赤十字病院で、コンサートが行われました。

a0157503_21203955.jpg



震災直後は、このピアノは別室に運ばれ、この場所も患者さんであふれていました。

今は、こうして、ピアノの音色が
入院している患者さん、お見舞いに来られた方、ボランティアをされている方
診察にいらした方、お医者さん、看護師さんやスタッフのみなさんにも響いています。


稲垣さんがおっしゃるには「最高級のピアノ」だそうです。

稲垣さんの、この音色が、また、この場所で聴けたらいいです。



今回のプログラム作りとして、協力を依頼した全国の方々・・・・
参加のお願いをしたら、「声をかけてくれてありがとう」
「何もできない自分に、出来ることができて嬉しい」
「友達にも伝えるね」
「コンサートの成功を祈っています」
と・・・・・たくさんのエールをいただきました。

おかげさまで、はがきは600通を超えました。

このはがきがある限り、コンサートは続きます。

「パワー」をありがとうございます。


そして・・・・・・
繭由さんの熱い思いに共感し、開催してくれた、稲垣達也さん
場所の確保や準備に、行動力を発揮していた、ゆきちゃん、
とびきりのアイディアを出してくれた、なぎさちゃん

私も、ご縁をいただけて良かったです。
ありがとうございます。


大切な友人・・・・繭由さん、貴女は素晴らしいです。ありがとう。
[PR]
by kirakirasakusaku | 2011-05-24 21:52 | ありがとう

被災地支援コンサートその1-全国のみなさんの「手」と植物の種

a0157503_2026522.jpg

(我が家に届いたはがきです)


繭由さんと、ゆきちゃん(繭由さんの友人)が企画した

被災地支援コンサートの協力をさせていただきました。

宮城県在住のピアニスト、稲垣達也さんのピアノコンサートを、被災地で開催しようという企画でした。

当日の演奏プログラムを
「全国のみんなが手を繋ぎ、被災地に新たな希望の種を蒔く」

そんなイメージで

それぞれの、県外にいる、知人、友人に
「手」と「種」を、はがきにお願いし、短期間で集めた「はがき」です。

このアイディアは、繭由さんと、ゆきちゃん、そしてデザイナーのなぎさちゃん。みんな、石巻出身です。

私に最初に届いたはがきは、まったく面識のない広島からのはがきでした。

ありがとうございます。

a0157503_20323960.jpga0157503_2033264.jpg


「手」に限らず、こんな石巻らしいイラストも届きました。
沖縄からは、守り神のシーサーです。

温かいメッセージに、先に感動したのは、私たちでした。

このはがきのあて名面に、当日のプログラムを張りました。
[PR]
by kirakirasakusaku | 2011-05-24 20:26 | ありがとう

再会の日々

久しぶりの更新になりました。




震災後、親戚のお家などに避難していた知人、友人が


自宅に戻って来ました。(二階が大丈夫な人は二階で生活をし始めました)


生活の場としていた一階は、まだまだ住める状況ではなく


二階でカセットコンロなどを使って生活を始めました。


これから、家を乾燥させてから、修繕が始まります。


「不便でも、やっぱり、自分の家が良いの」と・・・・。


「もう、たくさんの物は要らない」「必要最低限のもので生活するわ」と

誰もが口にします。


とは言っても、津波の被害で、何もかもがなくなりました。

この日、私が気づいたものは「カレンダー」でした。


「買いに行ったけれど、売ってないのよね」と・・・

確かに・・・・今は5月だからどこも置いていないかも。



「何か必要なものは無い?」と聞いても

「全部あるから」と云われて、

自分の感覚で、必要品と思われるものを持って訪れますが

やはり、実際訪れてみると、

当たり前に使っていた「生活」に、気づかないものがありました。



それから、レターセットやノートなどのメモ用紙も。

がれきの撤去など、手伝ってくれたボランティアの方々に

手紙を書きたくても、便せんも封筒もありませんでした。



今度、持ってくるねと、手帳にメモしました。


アロマの香りと「私の手」で、ぐっすりと眠れますように。

今日もたくさんお話をきいて、笑って笑って泣いて、笑っています。

こうして、顔をあわせられたことに感謝しています。
[PR]
by kirakirasakusaku | 2011-05-21 23:56 | 日々

空のキャンドル


キャンドル作家「kEI」さんのお仲間たちの個展に行ってきました。

(アトリエ・アンツ展”私の休日~そよ風に口笛~”)

ずっと、以前から、KEIさんのイベントに行きたかったのですが、

タイミングが合わなかったりして、写真とお話だけ伺っていたキャンドルです。


a0157503_1630337.jpg





「空のキャンドル」です。

やっと、ご対面できました。



どんよりした、「曇り」や「雨の日」でも

「晴れるよ」と、明るくなれそうな、素敵なキャンドルです。


仙台メディアテーク傍、メリ*ラボさんで15日まで開催されています。


KEI's Craftさんのブログはこちらです。
[PR]
by kirakirasakusaku | 2011-05-13 16:03 | 日々

身近なひとに・・・・・・

久しぶりに、書いています。


車が届いて、

自分にできること・・・・と思っていたら

気持ちだけは焦るけれど、あまりにも広範囲で・・・。


身近な友人、知人、お世話になっている方々に

石鹸をお渡ししたり、送ったり

スプレーを一緒に作ったり・・・・・

可能であれば、部分トリートメントをさせていただいたりして過ごしていました。


3月11日

どこにいたか

何をしていたか・・・たくさんお話も聞きました。


近所の指定避難所で、何も届かず、3日間寒い中、毛布も何も無い中、飲まず食わずで過ごし

水が引いてから、やっと家に帰ることができた・・・などなど

「今だから、笑って言えるけれどもね」と・・・・・・。

続きはこちら
[PR]
by kirakirasakusaku | 2011-05-09 22:02 | アロマの日々

cafe Viens Chez Moiさんで・・・

古川にある、「cafe Viens Chez Moi(ヴィアンシェモア)」さんで

マルセイユ石鹸を置いていただくことになりました。


★所在地
 宮城県大崎市古川城西1-6-40

 0229-23-8246

viens chez moi ヴィアンシェモアとは
お家に遊びにおいで という意味のフランス語だそうです。

お店のブログはこちらです。





現在、ご来店されたお客様に

ちいさなサンプルを差し上げています。


ぜひ、お店で貰ってくださいね。


5月は、8日まで連日ランチオープンしています。


まだ、震災後に、たくさんのお店がオープンできていない今

「ほっとできる空間」を探すって、大変なことです。

ちょっと気分転換に、気持ちを落ち着かせて

美味しいランチで、ほっこりした時間を過ごしたいですね。
[PR]
by kirakirasakusaku | 2011-05-02 20:28

支援物資のアロマ


沖縄の友人から、宅配便が届きました。


a0157503_2062680.jpg



トリートメントに活躍してくれる、エッセンシャルオイルや

万能クリームに石鹸・・・・

「役立ててほしい」と、熱い手紙とともに。

私のブログを読んで、姉や母の靴下まで・・・・・007.gif

何度も手紙を読んでは、何度も泣いて・・・・

出会えたことに、あらためて感謝しています。

ありがとうございます。


いま、私は身近なひとから・・・スタートしています。
[PR]
by kirakirasakusaku | 2011-05-02 20:09 | ありがとう